お役立ち記事

小学生・中学生を英語塾に通わせるメリットとは?

2020年度の新学習指導要領から、小学校における英語教育が必修化されました。
この指導要領の変更は、今後の国際社会で活躍する人材を育成することが目的となっています。
ご家庭でも、「子どもが英語を話せるように学ばせたい」とお考えの方も多いはずです。
しかし、現状日本の学校教育だけでは不十分な面もあります。
そこでおすすめなのが、英語塾です。
今回は小学生や中学生を英語塾に通わせることで、どのようなメリットが得られるのかご紹介します。

小学校・中学校における英語教育の変化

2020年の英語教育必修化に伴い、新学習指導要領も変更されました。
具体的にどのような内容が変わったのかというと、以下の内容に変更されています。

・年間35単位(週1コマ)の外国語活動(小学校3~4年生)
・年間70単位(週2コマ)の教科授業(小学校5~6年生)

これまで小学校で学ぶ英語はすべて「外国語活動」に分類されており、「教科」として分類されていませんでした。
外国語活動は英語を学ぶよりも、英語に触れることで慣れ親しむ環境づくりに重きを置いています。
しかし、今回の必修化に伴い外国語活動は小学校3~4年生までで、5~6年生になると本格的に授業として取り入れられます。
また、中学校の英語教育もこれまでは「読み書き」に比重が置かれていましたが、現在は読み書きの他にリスニングや会話も合わせてバランス良く学ぶことを目指しています。

小学生・中学生を英語塾に通わせるメリット

「指導要領も新しくなったし、学校だけで英語教育は十分」とお考えの方も多いでしょう。
しかし、英語塾を活用することで様々なメリットを得られます。
そこで、小学生・中学生を英語塾に通わせるメリットについてご紹介します。

「英語」に慣れることができる

私たちは小学生の頃に「国語」で日本語を学びましたが、それ以前から話を聞いたり喋ったりすることはできていました。
これは、日々の会話やテレビ、絵本などによって日本語に慣れていたためです。
学校の英語教育でもまずは3~4年生のうちに英語に慣れ親しめるよう、歌やダンス、ゲームなどを取り入れた外国語活動がスタートします。
しかし、週1コマしかないため本当にこれだけで慣れるかは疑問が生じてしまいます。
もっと子どもが英語に慣れ親しみ、教科授業への土台を固めるためには英語塾の活用がおすすめです。

英語耳を鍛えられる

会話を成立させるには相手が話す内容を聞き取り、理解することも重要です。
英語耳を鍛えていくためにも、小さい頃から英語に触れる時間を増やしていく必要があります。
英語塾では英語に特化した講師が在籍しており、当然ながら綺麗な発音で英語を話すことを心掛けています。
綺麗な発音やより実践的な英語を小学生・中学生から学んでいくことで、英語耳がどんどん鍛えられ、自然と英語を聞き取る力が身に付いていくでしょう。

英語に対する苦手意識を緩和できる

以前までは小学校で外国語活動を行い、本格的に英語の教科授業がスタートするのは中学生になってからでした。
ご両親の中には中学から始まった英語の授業で苦手意識が生まれてしまった方も多いでしょう。
なぜ小学校では楽しく学べていた英語が、教科活動で苦手意識を持ってしまうことになったのでしょうか?
これは以前の英語教育の方針が原因だと考えられます。
現在は新学習指導要領によって「読む・書く・聞く・話す」をバランス良く学ぶことが方針として示されています。
しかし、以前までは正しい文法・話し方を学ぶことが方針になっていました。
例えば中学1年生で「現在進行形」を学ぶ時、肯定文は「主語+be動詞+動詞のing形」という文法を覚えることになります。
確かに文法さえ覚えておけばあとは単語を当てはめていくだけなのですが、この文法で出てくる用語に難しさを覚える人も少なくありません。
また、こうした文法は暗記に頼ってしまいがちで、忘れてしまうと意味が通じず「分からない」「難しい」に直結してしまいます。
例えば「in」は「~の中に」で暗記することが多いですが、実際には「~に乗って」や「~の状態に」などの意味があったり、最上級で使う場合は「~で」という意味になったりします。
このように、1つの単語と1つの意味をつなげて暗記してしまうと、英文を理解しにくくなってしまうのです。
英語塾では、学校教育に比べて実践的な英語を学ぶ機会も多いです。
最初は単語の意味なども学んでいく必要がありますが、文法として覚えるよりも言葉として覚えることを重視するため、自然と聞いたり話したりできるようになります。
学校で英語を学ぶよりも早めに英語塾に通わせておけば、学校での英語授業にも苦手意識を持ちにくくなるでしょう。

オンラインでも英語は学べる!

英語塾のメリットをご紹介してきましたが、近年は新型コロナの影響もあり多くの子ども達が通う英語塾へ入塾させることを迷っている方も多いはずです。
しかし、現在多くの英語塾ではオンライン授業を用意しています。
こちらではオンラインで学ぶことのメリットを解説していきましょう。

場所や時間を選ばず学べる

実際の塾・教室に通わせるとなると、学ぶ場所は限定されてしまいますし、時間も限られてしまいます。
しかし、オンライン授業なら自宅のどの場所からでも受講することが可能です。
例えば自分の勉強机から学んでも良いですし、リビングやダイニングなど親の目が届く場所でも受講できます。
英語塾によって異なりますが、場合によっては学びたい曜日・時間に合わせて授業を受けられる場合もあります。

英語に触れられる機会を増やせる

英語塾でいくら英語を学ぶ頻度が増えるからといって、毎日通えるわけではありません。
オンラインの英語塾だと毎日レッスンが受けられたり、週に通う頻度を自由に決められたりできます。
こちらも英語塾によって違ってきますが、英語に触れられる機会をもっと増やしたい時はオンラインでの受講もおすすめです。

マンツーマンで指導してもらえる

オンラインの場合、マンツーマンレッスンを実施する英語塾も少なくありません。
グループレッスンでももちろん高い効果は発揮されますが、大人数の前だと恥ずかしくてうまく発言できないという子どもも安心して英語が学べます。

親の負担が少ない

オンラインは基本的に自宅で学ぶことが多いです。
実際の塾に通わせた場合、親は子どもを送迎する必要が出てきてしまいます。
当然年齢が上がってくれば1人で通わせることもできますが、やはり心配になってしまうものです。
オンラインで学べばこうした送迎の負担も減らすことができます。
また、料金が塾に通わせるよりも安く抑えられる可能性が高いのもオンラインのメリットと言えます。
なるべく家計にも負担をかけたくない方にもおすすめです。

子どもの英語能力を伸ばすには?

新学習指導要領によって英語教育が変化しましたが、実際の学校教育だけでは英語に触れる頻度が少なく、基礎が十分固まっていない状態で進む可能性が高いです。
基礎が固まっていないと苦手意識も生まれやすいですし、テストの成績などにも影響が及んでしまいます。
士心塾では耳と口を鍛えるシャドーイングトレーニングを取り入れ、英語の「聞く」「話す」力を身に付けられるようにしています。
これからの英語教育にも対応し、実践的な部分と受験に必要な部分を合わせて学ぶことができます。
子どもの英語能力を引き出し、さらに伸ばしたい方はぜひ一度、士心塾へご相談ください。

英数特化コース英数特化コースは小学生から高校生まで対応し、英語は大きく、英検、リスニング、英文法、英単語、英文解釈、英語速読、英作文・英語発音・リーディングの7カテゴリーに分けられ、数学は中学数学に特化し、合計50を超えるカリキュラムからカスタマイズできるように準備されています。...
小学生が塾に通わず英検5級から3級まで合格する方法とは?よそのお家は何歳くらいから英検を受験しているんだろう。こんな疑問を抱いたことはありませんか?実際にお子様をお持ちであれば、一度は考えた事があるのではないでしょうか。 今の世の中、英語というのは受験にも、就職にも、そして人生にも役に立つグローバル言語です。今回は幼稚園生や小学生が英検を受験し、合格していくまでの過程をご紹介します。 ...